トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 関西国際空港全体構想促進協議会 要望活動を実施

TOPICS

関西国際空港全体構想促進協議会 要望活動を実施

2016年9月23日 151023.jpg

 9月6日(火)、関西国際空港全体構想促進協議会の森詳介会長(関経連会長)は、新井純大阪府副知事、山谷佳之関西エアポート社長らとともに、金田勝年法務大臣、石井啓一国土交通大臣を訪問し、関西国際空港の機能向上をはかるため、インバウンドの急増に対応した出入国時の受入環境整備などを求めた。
 金田法務大臣からは、「入国審査官の大幅な増員やバイオカートの関空への優先導入等を進めていく」と、関西国際空港の受入環境の整備を約束した。また、石井国土交通大臣からは、「ハード・ソフトを含めて、インバウンド対策にしっかり取り組んでいく」との発言があった。

ページの先頭に戻る