トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」を開講

TOPICS

モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」を開講

2016年10月31日 151023.jpg

 10 月18 日(火)、大阪ベイエリア金属系新素材コンソーシアム、および大阪科学技術センターとともに、「モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム『金属・材料工学』」の開講式および講義を実施した。
 本プログラムは今年で5回目の取り組みで、今回は新たに、企業で活躍する技術者による講義や、「IoT社会における製造業の方向性」と題した経済産業省による講演会を実施するなど内容の充実をはかっている。
 開講式では、牧村実科学技術・産業政策委員長が受講生に対し、「『材料を制する者は世界を制す』。日本のものづくりの基盤となるのが「金属・材料工学」であり、これを習得した人材を育成・確保することが産業競争力の強化につながると確信している。産学官の垣根を越えて親交を深め、関西の発展に寄与してほしい」と期待を述べた。

ページの先頭に戻る