トップページ > TOPICS一覧 > 2017 > 第1回2025年国際博覧会検討会に出席

TOPICS

第1回2025年国際博覧会検討会に出席

2017年1月10日 151023.jpg

 12月16日(金)、2025年の国際博覧会(以下、万博)の大阪誘致に向けてテーマや会場計画等を検討する国の第1回会合が東京で開かれ、関経連からは大竹伸一副会長が出席した。
 大竹副会長は「日本の優れたICT環境やクリエイターなどを生かして、来場することでしか体験できない参加型の仕掛けを作る一方で、会場に来れない国内外の方々にも同時に体験してもらうなど、新しい万博への参加の仕方を提案するべきである」と述べた。
 関経連は11月より、大阪府市、関西広域連合、大商および関西経済同友会とともに、全国レベルで誘致を推進する誘致委員会の設置に向けて検討を進めており、国の検討会への参画とあわせて、引き続き、万博誘致に向けた取り組みを加速させていく。

ページの先頭に戻る