トップページ > TOPICS一覧 > 2017 > 黒田日本銀行総裁との懇談会を開催

TOPICS

黒田日本銀行総裁との懇談会を開催

2017年10月10日 170912.jpg

 9月25日(月)、大商、関西経済同友会、大阪銀行協会と共催で黒田東彦 日本銀行総裁との懇談会を大阪市内にて開催、約290名が出席した。
 松本正義 関経連会長は、マイナス金利政策導入後の借入環境改善の効果を評価した上で、金融機関の運用収益圧迫等のさまざまな状況に対する目配りを要望した。
 牧野明次 関経連副会長は、人手不足が深刻であることから、「Society5.0」を実現し、生産性向上や新たな需要創出が促されることが重要であるとして、市場拡大が見込まれる分野への支援を求めた。
 黒田総裁は、「金融政策により企業活動をしっかりとサポートしていきたい」とした上で、「2%の物価安定目標をできるだけ早期に実現するため、今後も、強力な金融緩和を粘り強く推進していく」と発言した。

ページの先頭に戻る