トップページ > TOPICS一覧 > 2018 > 関西元気文化圏賞贈呈式を開催

TOPICS

関西元気文化圏賞贈呈式を開催

2018年2月 2日 180122.jpg

 1月22日(月)、関西元気文化圏推進協議会(会長:松本正義 関西観光本部理事長、当会会長)は、「文化庁芸術祭賞(関西参加公演の部)」と合同で「関西元気文化圏賞」の贈呈式を開催した。
 15回目となる今回は、昨年の日本学生陸上競技対校選手権大会にて、100メートルで9秒98を記録するという快挙を成し遂げた桐生祥秀氏に大賞が贈られた。また、特別賞には、前人未到の2度目の七冠制覇を果たした囲碁棋士、井山裕太氏と、昨年開催した「国宝」展が好評を博した京都国立博物館が選ばれた。
 新人賞にあたるニューパワー賞には、「バブル」をテーマにしたダンスが大きな話題を呼んだ大阪府立登美丘高等学校ダンス部、昨年開催された「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」チェロ部門で優勝したチェリスト、北村陽氏、さらに、江戸時代から続く大名跡を継いだ六代目竹本織太夫氏が選ばれた。


ページの先頭に戻る