トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 関西健康・医療創生会議 全体会議を開催

TOPICS

2018

2018.02.05

関西健康・医療創生会議 全体会議を開催

180125.jpg

 1月25日(木)、健康・医療分野の産学官連携のプラットフォームである「関西健康・医療創生会議」の全体会議が開催された。 会議では、2018年度以降の重点取り組みである、健康・医療データの収集・利活用の推進、健康・医療データサイエンス人材の育成促進の方策などについて意見交換が行われた。
 関経連の松本正義会長は、健康経営に向けた企業の健診データ等を利活用したモデル事業を、角和夫副会長は、健康の維持・増進に向けた神戸リサーチコンプレックス事業等における新サービスの創出などの取り組みをふまえた上で、データ利活用の重要性と期待について発言した。
 当会は、今後も創生会議と連携し、データ利活用の具体的な絵姿の提示や、専門人材育成に向けた企業ニーズを発信するなど、関西の健康・医療産業の発展に貢献していく。