トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 新名神高速道路 川西IC~神戸JCTが開通

TOPICS

2018

2018.03.29

新名神高速道路 川西IC~神戸JCTが開通

180318.jpg

 3月18日(日)、新名神高速道路の川西~神戸間の開通記念式典が開催された。式典には石井啓一 国土交通大臣や井戸敏三 兵庫県知事、地元選出の国会議員ら約600名が参加し、当会からは松本正義会長が出席した。
 今回の開通により、昨年12月に開通した高槻~川西間とあわせ、高槻~神戸間が全通した。これにより、中国自動車道・名神高速道路を通るルートとのダブルネットワークが形成され、全国有数の渋滞箇所である宝塚トンネル付近の渋滞緩和や定時性の向上、物流の効率化などが期待されている。
 新名神高速道路は今後も整備が進められ、関西圏では、2023年度に八幡京田辺~高槻間と大津~城陽間が開通する予定である。