トップページ > TOPICS一覧 > 2018 > 北陸新幹線建設促進同盟会 建設促進大会に出席

TOPICS

北陸新幹線建設促進同盟会 建設促進大会に出席

2018年5月29日 180413.jpg

 5月22日(火)、東京都内で開催された、関経連が加盟する北陸新幹線建設促進同盟会(沿線10都府県や経済団体等で構成)の建設促進大会に松本正義会長が出席した。松本会長は、北陸新幹線は北陸や関西のみならずわが国全体の経済発展に大きく寄与するものであるとして、「『関西新幹線』との気概をもち、2030年度ごろの全線開業をめざして、関西の官民が主体的に取り組んでいくことが重要」と訴えた。
 大会に続き、北陸新幹線建設促進同盟会、北陸経済連合会、関西広域連合等と共同で要望活動を実施した。松本会長は、沿線府県の知事や北陸経済連合会の久和進会長らとともに、国土交通省をはじめ、総務省や自民党の幹部を訪問。関西経済界を代表し、大阪までの早期全線整備を要望した。


ページの先頭に戻る