トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 関経連訪中団2018・第4回日中企業家交流会を開催

TOPICS

2018

2018.08.02

関経連訪中団2018・第4回日中企業家交流会を開催

180718.jpg

 7月17日(火)~20日(金)、松下正幸副会長・国際委員長を団長、真鍋精志副会長を副団長とする27名の訪問団を深セン、珠海に派遣した。
 深センでは、中国日本友好協会との共催で、日中双方から約120名の参加を得て「第4回日中企業家交流会」を開催した。日本側から3社、中国側から6社がイノベーションをテーマに自社の先進的取り組みについてそれぞれプレゼンテーションを行った。また、同市の王立新副市長との会見のほか、深セン発の大企業であるBYD、新興企業のiCarbonXとMakeblockの3社を訪問し、発展著しい深センの企業事例について意見交換した。
 珠海では、大手家電メーカーGreeを訪問するとともに、珠海市商務局との懇談を行った。