トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 関西文化学術研究都市建設推進協議会による要望活動を実施

TOPICS

2018

2018.08.03

関西文化学術研究都市建設推進協議会による要望活動を実施

180720.jpg

 7月20日(金)、関西文化学術研究都市建設推進協議会の松本正義会長(関経連会長)、および関西文化学術研究都市推進機構の柏原康夫理事長(関経連副会長)らは、松山政司 内閣府特命担当大臣、田中良生 内閣府副大臣、奥野信亮 総務副大臣らに対し、関西文化学術研究都市(けいはんな)の建設推進に向け要望活動を行った。
 主な要望事項として、文化学術研究施設に係る法人税の特別償却制度の延長、学研都市連絡道路(国道163号)をはじめとする都市基盤の整備促進等を求めた。さらに、オープンイノベーションの推進を狙いとして、地域実証等における規制のサンドボックス制度の適用を要望した。
 関西文化学術研究都市建設促進議員連盟総会も同日開催され、細田博之会長出席のもと、けいはんなのさらなる発展に向けた具体的な支援策の必要性が確認された。