トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 関西国際空港全体構想促進協議会 要望活動を実施

TOPICS

2018

2018.09.07

関西国際空港全体構想促進協議会 要望活動を実施

180904.jpg

 9月4日(火)、関西国際空港全体構想促進協議会の松本正義会長(関経連会長)は、新井純 大阪府副知事、山谷佳之 関西エアポート社長らとともに、石井啓一 国土交通大臣、上川陽子 法務大臣、二階俊博 自民党幹事長、石田祝稔 公明党政務調査会長、太田充 財務省主計局長らを訪問し、要望活動を行った。
 要望活動では、関西国際空港の機能向上をはかるため、空港アクセスの利便性向上が期待されるなにわ筋線の新規事業採択や、空港分野における人材不足への対応、インバウンドの受入環境の整備・強化などを求めた。
 石井大臣からは、「なにわ筋線については来年度の概算要求の新規予算に盛り込んでいる。われわれも要望と同じ方向を向いて取り組んでいるので、引き続きしっかりやっていきたい」との発言があった。