トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 関西高速道路ネットワーク推進協議会 要望活動を実施

TOPICS

2018

2018.11.02

関西高速道路ネットワーク推進協議会 要望活動を実施

181030topics

 10月30日(火)、関西高速道路ネットワーク推進協議会の松本正義代表(関経連会長)、荒井正吾 奈良県知事、久元喜造 神戸市長、植野康夫 奈良商工会議所会頭らは、大塚高司 国土交通副大臣、岡本薫明 財務事務次官、萩生田光一 自民党幹事長代行、北側一雄 公明党副代表らに対し、要望活動を行った。
 要望活動では、関西の環状道路ネットワークの早期完成をめざし、大阪湾岸道路西伸部や淀川左岸線延伸部、大和北道路といった事業化済みの区間への継続的な予算確保などを求めた。
 大塚副大臣からは「2019年のG20サミットや2025年の大阪・関西万博を見据え、早期完成に向けて整備を進めてまいりたい」との発言があった。
 当会では引き続き、関西の高速道路ミッシングリンクの解消に向けて取り組んでいく。