トップページ > プロジェクト> 伝統芸能の普及支援

伝統芸能の普及支援

ユネスコの世界無形遺産に宣言された関西発祥の伝統三芸能(能楽・文楽・歌舞伎)の普及支援、国内外への情報発信の強化等を目指して事業実施に取り組んでいます。

・企業人向け伝統三芸能入門連続講座の開催
能楽・文楽・歌舞伎を活かして関西の魅力アップを図る活動として、秋にシリーズで伝統芸能講座を開催しています。
・企業人向け伝統芸能ワークショップの開催
企業人初心者を対象に、体験型講座として伝統芸能のワークショップを開催しています。(2009年度は、能をとりあげ、解説を聞きながら、舞台上で能面かけや基本動作を体験し、謡と舞の稽古を行いました。) http://www.kankeiren.or.jp/project/contact/iinkaidento1.JPG


    ・伝統芸能の実演と解説
    実演を交えながら、伝統芸能の知識や演技方法、舞台の意味、擬音、小道具などの解説を行います。(2009年度は、実演と解説に加えて、文楽と狂言のコラボレーション公演を実施しました。)
http://www.kankeiren.or.jp/project/contact/iinkaidento2.JPG

    ・伝統三芸能に関する広報協力
    ほたるまち伝統芸能ギャラリーでの公演情報PRやホームページ(関西伝統芸能へのいざない)やチラシなどによる広報協力を行っています。
    関西における三芸能の公演・イベント情報については、「関西伝統芸能へのいざない」の「伝統芸能ライブ!」をご覧下さい。公演・イベントの最新情報を3ヶ国語(日英中)で掲載しています。

    ページの先頭に戻る