経済人

2020年6・7月号

関経連NOW
特集1
コロナ禍に直面して―― 関経連はどう動いたか (1.0MB)

今年に入り世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、わが国では、4月7日に新型インフルエンザ等対策 特別措置法に基づく緊急事態宣言が7都府県に発令され、同月16日にはそれが全都道府県に拡大された。緊急 事態宣言は5月25日に解除されたものの、国民の生活、日本経済・世界経済への甚大な影響は続いている。 このようななか、経済界には、感染症拡大防止への対応はもちろんのこと、社員の安全確保や雇用の維持、そし て収束後の迅速な経済回復に向け、持てるリソースを活用したさまざまな形での貢献・協力が求められている。

CloseUp
特集2
2020年度事業計画
~第3期中期計画の総仕上げへ~
(300KB)

当会では2020年5月25日に第58回定時総会・2020年度第2回理事会を開催。
役員の選任および2020年度の事業計画や予算の報告などを行った。
事業推進体制としては、2011年5月より9年にわたり副会長を務められた柏原康夫 京都銀行名誉顧問 が退任され、堀場厚 堀場製作所会長兼グループCEOが新たに副会長に選定された。
堀場副会長は、科学技術・産業振興委員会とベンチャー・エコシステム委員会を担当する。
ここでは、今年度の事業計画を中心に紹介する。