会長コメント

「骨太の方針」・「成長戦略実行計画」の閣議決定に関するコメント

2020.07.17
公益社団法人関西経済連合会
会長  松 本 正 義



   本日、「骨太の方針」および「成長戦略実行計画」が閣議決定された。

 感染症拡大の防止と経済の回復という現下の課題への対応と、コロナ禍が浮き彫りにした我が国の構造的な課題への対応の双方について、明確な道筋が示されたものと評価している。コロナ禍をきっかけに危機感と不退転の決意をもって経済社会のデジタル化、多核連携型の国づくりに向け、我が国全体が一丸となって取り組む必要がある。経済界としても、コロナ禍での経験を踏まえ、働き方改革の推進や生産性向上、デジタル化の加速などに全力を挙げてまいりたい。

 多核連携型の国づくりという方向の中で、行政の広域連携機能強化の方向性が示されたことを評価している。新型コロナ対応における経験を踏まえ、国と地方自治体の役割分担の在り方や、地方分権・広域行政の推進に関する議論が進められることを期待したい。

 2025年大阪・関西万博に関しては、着実に準備を進めることが明記されたことを地元経済界として心強く感じている。経済界としても万博の成功に向け、全国的な機運の醸成、各国への参加の働きかけなどに取り組んでまいりたい。

 ワールドマスターズゲームズ2021関西や整備新幹線など、関西経済にとり重要な事業に触れられた点も評価したい。

以  上