トップページ > 「モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム 
『金属・材料工学』」を 今年度も開設します

「モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム 
『金属・材料工学』」を 今年度も開設します


 金属系新素材に関する知識や技術を有する大学などが連携した大阪ベイエリア金属系新素材コンソーシアムの主催、 関経連、大阪科学技術センターの共催で、「モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム『金属・材料工学』」 を開設します。

当プログラムは、理工系の学部もしくは大学院を卒業し、入社後、生産・研究現場の経験がある方等を対象に、 モノづくりに欠かすことができない金属・材料工学の基礎を体系的に習得していただくことを目的として、 2012年度より実施しているものです。
また受講者には、本プログラムを通じて、講師および受講者間のネットワークも構築いただきたいと考えています。

なお、本プログラムは、2021年度に日本工学教育協会(JSEE)の工学教育賞(経済産業省産業技術環境局長賞)を受賞いたしました。

現在、今年度の受講者を募集中です。受講ご希望の方は、以下よりプログラムの詳細をご参照いただき、お申込みいただきますようお願いします。



【プログラムの概要】
 募集期間:2022年8月22日(月)~10月12日(水) ※延長いたしました
 開催期間:2022年10月19日(水)~12月6日(火) (全7日間、15講義+トピックス)
 開催方式:オンライン
 募集人数:40名(定員に達し次第、募集締切)
 受講費用:6万円


◆プログラムの詳細◆