経済人

2019年8月号

関経連NOW
特集1
関西航空機産業プラットフォームNEXT
~航空機産業振興に向けた新たなスタート~
(589KB)

世界経済の成長を背景に、さらなる高まりが見込まれる民間航空機需要。市場規模は今後約20年間で6兆ドル(660兆円)ほどになると言われており、その大きなビジネスチャンスをねらい、海外では国を挙げて参入をめざす動きも出ている。
航空機に関連する大手企業が集積し、多様な技術を持つ中堅・中小企業が多数立地する関西は、航空機産業に関して大きなポテンシャルを持つ地域。このポテンシャルを生かし、航空機産業を関西の次世代産業の柱の一つにしようとする取り組みが始まっている。

CloseUp
特集2
人口減少社会にうちかつスーパー・メガリージョンの形成に向けて
~スーパー・メガリージョン構想検討会が最終とりまとめを公表~
(354KB)

リニア中央新幹線全線開業を見据え、2017 年8月に国土交通省が設置したスーパー・メガリージョン構想検討会(以下、検討会)では、約2年間にわたる検討の内容を最終とりまとめ「人口減少にうちかつスーパー・メガリージョンの形成に向けて~時間と場所からの解放による新たな価値創造~」として2019 年5月20日に公表した。今号では、検討会において関経連が表明した意見のポイントおよび「最終とりまとめ」の概要について紹介する。