経済人

2018年12月号

談論風発
巻頭インタビュー
健康を経営の根幹に、
社員一人ひとりの健康から関西を元気に
(1.1MB)
ジュネジャ レカ(ロート製薬副社長、CHO)
関経連NOW
特集1
関西観光本部、グランドデザインを策定(4.6MB)

近年、その好調ぶりに各方面から熱い視線が注がれている日本そして関西のインバウンド観光。
2017年4月に発足した官民共同の広域連携DMO 「関西観光本部」は、全国に先駆けた数々の事業を通じ、関西のインバウンド振興に貢献してきた。活動2年目となる今年は、地域全体で取り組む「関西ツーリズムグランドデザイン2021」の策定に着手。10月に公表した。
そして策定作業も最終段階に入った9月に関西を襲った台風21号──。ここでは、台風の甚大な影響を受けた関西のインバウンド観光の回復とさらなる振興に向けたさまざまな取り組みを紹介する。

CloseUp
特集2
企業・地域防災力の向上への取り組み
~強靱な関西をめざして~
(873KB)

2018年は、豪雪、地震、大型台風、記録的豪雨など、大規模災害が全国的に頻発した年であった。関西においても、6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨、9月には台風21号など、相次ぐ災害により被害がもたらされ、あらためて災害に対する平時からの対策の重要性が見直されているところである。
今号では、会員企業を対象に実施したアンケート調査の結果および企業・地域防災力の向上に資する関経連の取り組みについて報告する。

健康・医療に関する対談企画 シリーズ第2弾
異分野技術融合に向けた関西の課題と可能性
(1.7MB)

健康・医療産業の発展等に取り組む関西健康・医療創生会議(以下、創生会議)の井村裕夫議長と企業経営者による対談企画の第2弾。今回は、健康・医療分野と情報技術分野との連携に向け、異分野融合によるイノベーション創出やそれを担う人材の育成などをテーマに、井上礼之 関経連副会長と語っていただいた。