トップページ > 関経連からの発信 > 会長コメント > コロナ克服・新時代開拓のための経済対策の閣議決定に関するコメント

会長コメント

コロナ克服・新時代開拓のための経済対策の閣議決定に関するコメント

2021/11/19
公益社団法人関西経済連合会
会長  松 本 正 義



   

 本日、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」が閣議決定された。
 岸田政権発足から短い期間に、現下の新型コロナへの当面の対応と「新しい 資本主義」などの中長期の課題について、踏み込んだ内容を含む具体策が迅速に打ち出されたことを評価したい。

 新型コロナ対策については打撃を受けた企業・個人への支援が引き続き盛り込まれるとともに、感染拡大への備えとして病床確保、医療体制の見直し、ワクチン・治療薬の開発・生産・供給支援策などが盛り込まれ、これまでよりさらに総合的に厚みが増した内容となったと受け止めている。
 また、経済活動の再開に向けた取り組みについても、今回打ち出された対策を円滑に実施していただきたい。

  「新しい資本主義」については、とりわけ、グリーン、DXに関わる研究開発支援、新技術実装支援などが盛り込まれるとともに、人材への投資・分配についても目配りがされており、着実に政策が形を現しつつあるものと評価したい。
 他方で、「新しい資本主義」というテーマは中長期的な観点に立った対応を政府・企業に求めるものであり、今後とも腰を据えた議論と思い切った方向性の提示がなされることを期待する。

 2025年大阪・関西万博についても、必要な経費の確保と円滑な準備の推進が明記されたことを地元経済界として心強く感じている。

以  上