トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 「骨太の方針」と「日本再興戦略の改訂」の閣議決定に関するコメント

会長コメント 2014

「骨太の方針」と「日本再興戦略の改訂」の閣議決定に関するコメント

2014/06/24
公益社団法人関西経済連合会会長
森  詳 介


 本日、「骨太の方針」と「日本再興戦略の改訂」が閣議決定された。日本経済を本格的な成長軌道に乗せるために、わが国が抱える現下の課題にしっかり向き合ったものと評価している。

 特に、経済界が強く求めていた法人実効税率の引き下げが明記されたことは、わが国企業の国際競争条件のイコールフッティングに寄与するものであり、大いに歓迎する。

 また、地域を活性化させ東京一極集中傾向の歯止めをかけるべきという政府の基本認識に、大いに賛同する。今回、リニア中央新幹線の早期整備が明記されたことで東京・大阪間の同時開業に弾みがつき、複眼型国土構造の構築が前進することを期待している。

 「国家戦略特区」については、2015年度までの2年間を集中取組期間としてスピード感をもって推進する政府の姿勢を大変心強く感じている。関経連としても、関西の国家戦略特区の成功に向け、しっかりと貢献してまいりたい。


以  上
ページの先頭に戻る