トップページ > TOPICS一覧 > 2008 > 関経連アセアン使節団を派遣

TOPICS

関経連アセアン使節団を派遣

2008年2月26日

2月18日(月)から23日(土)まで、下妻会長を団長、松下副会長・国際委員長を副団長に、総勢32名の使節団がインドネシアのジャカルタ、タイのバンコクを訪問した。 インドネシアでは、カッラ副大統領をはじめ経済閣僚数名と懇談し、インドネシアにおける更なる投資環境整備や、LNGなどエネルギーの日本への安定供給などを要望した。また、2009年の関経連アセアン経営研修30周年の記念事業をインドネシアで開催するための協力を依頼した。 タイにおいては、新政権発足後、海外からの最初の経済使節団となった。サマック首相に対して政治・社会の安定化を要請したほか、タイにおける開放経済政策の継続と、投資環境の更なる整備を要請し、さらに甘利経済産業大臣の親書をミンクワン副首相兼商業大臣に手交した。またツーリズムや研究開発など新たな分野での関西とタイの交流強化促進についても意見交換を行った。

ページの先頭に戻る