トップページ > TOPICS一覧 > 2009 > 住宅・建築物省CO2推進モデル事業シンポジウムin  関西を開催

TOPICS

住宅・建築物省CO2推進モデル事業シンポジウムin  関西を開催

2009年8月21日 top090810symposium.jpg
8月10日(月)、企業のほか一般公募の市民も含め約360名の参加を得て開催した。当日は村上周三・建築研究所理事長の「低炭素社会に向けた住宅・建築・都市」と題した基調講演後、伊藤明子・国土交通省住宅局市街地建築課市街地住宅整備室長による「住宅・建築物省CO2推進モデル事業の概要」の説明、開発事業者から「阿部野橋ターミナルビル」、「大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト」の事例紹介が行われた。引き続き、村上周三氏をコーディネーターに、和泉洋人・内閣官房地域活性化統合事務局長、平松邦夫・大阪市長、神野榮・関西電力副社長をパネリストに「関西発信の低炭素社会におけるサスティナブルなまちづくり」をテーマにパネルディスカッションが行われた。

ページの先頭に戻る