トップページ > TOPICS一覧 > 2010 > 白川方明・日本銀行総裁と関西経済4団体との懇談会を開催

TOPICS

白川方明・日本銀行総裁と関西経済4団体との懇談会を開催

2010年9月29日 top100804entame.JPG
9月27日(月)、関経連、大商、同友会、大銀協の共催により、白川方明・日本銀行総裁との懇談会を開催した。経済界からは、下妻関経連会長、佐藤大商会頭、山中・大竹同友会両代表幹事、服部大銀協会長をはじめ約400名が出席した。
経済界からは、足下の円高による影響を訴え、適正な為替水準に向け、政府と連動した機動的な対応を求める声が相次いだ。デフレ脱却、中小企業の資金繰り支援を求める意見も出された。
白川総裁も、「為替相場の動向を注視しており、適時適切な対応をとる」「金融緩和の推進、金融市場の安定、成長基盤強化の支援を柱に、日本経済がデフレを克服し、持続的成長経路に復帰できるよう、最大限貢献する」と応じた。
ページの先頭に戻る