トップページ > TOPICS一覧 > 2012 > モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」開講

TOPICS

モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」開講

2012年10月12日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 10月2日に関経連、大阪ベイエリア金属系新素材コンソーシアムの共催で『モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」』の開講式と第1回講義を開催した(30社、42名が受講)。
 開講式では、主催者を代表して関経連の森下副会長が「わが国のモノづくりに欠かすことができない基盤技術分野の人材を産学官が連携して育成・確保していく必要がある。受講生の皆さんは、本プログラムを通じて、「金属・材料工学」の基礎を体系的に習得するとともに、企業の垣根を乗り越えて、ネットワークを拡げていただきたい」とあいさつした。
 続いて、大阪ベイエリア金属系新素材コンソーシアムの中平代表(大阪府立大学教授)が、全12講義の概要を説明し、その後第1回「マテリアルと社会」の講義を実施した。
 講義終了後は、受講生、派遣元企業、講師による交流会を開催し、受講生、講師間の交流を深めた。
 ※本プログラムは、10月2日から12月18日まで計12回開催。
ページの先頭に戻る