トップページ > TOPICS一覧 > 2014 > 関西国際戦略総合特別区域地域協議会 第16回委員会 開催

TOPICS

関西国際戦略総合特別区域地域協議会 第16回委員会 開催

2014年4月15日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 4月8日(火)、関西国際戦略総合特別区域地域協議会(会長:森関経連会長)第16回委員会が開催され、森会長、井戸兵庫県知事(副会長)、松井大阪府知事、久元神戸市長など計26名が出席した。
 委員会では、2013年度の「関西イノベーション国際戦略総合特区」事業の進捗状況および成果について報告した後、2014年度における活動の方向性について意見交換を行った。森会長は、岩盤規制の改革が主たる目的である「国家戦略特区」に、大阪府・兵庫県・京都府が指定されたことを踏まえ、「本協議会としては、総合特区と国家戦略特区の両制度を有効かつ一体的に活用することで、各事業者が最大のメリットを享受できる環境整備を行うことが重要である」と総括した。
ページの先頭に戻る