トップページ > TOPICS一覧 > 2015 > 2015年度第1回「関西起業塾」を開催

TOPICS

2015年度第1回「関西起業塾」を開催

2015年10月22日 151022.jpg

 関経連では、東北大学大学院経済学研究科地域イノベーション研究センターとともに、東北経済の復興を担う若手経営人材の育成をめざし、関西の第一線で活躍する経営者に講演いただく「関西起業塾」を2012年度から毎年、東北大学にて開催している。今年度も3回にわたり実施する予定で、10月10日(土)には第1回目として、ユーシン精機の小谷眞由美社長に「できない、無理だ、は出発点~取出ロボットで世界へ~」と題し、講演いただいた。
 ユーシン精機は、プラスチック射出成型品取出しロボット業界に最後発企業として参入したが、現在では業界シェア世界第1位を誇っている。創業者の妻として会社を育ててきた小谷社長は、「他社があきらめてしまう課題であっても解決に向けて挑戦することで、新たなビジネスを生み出すことができる。課題について真剣に考えることが大切である」などと話された。
 第2回は11月15日(日)に、BERTRANDのベルトラン トマ社長に登壇いただく。

ページの先頭に戻る