トップページ > TOPICS一覧 > 2015 > 関経連インド・スリランカ経済調査団を派遣

TOPICS

関経連インド・スリランカ経済調査団を派遣

2015年11月 6日 151023.jpg

 10月18日(日)~24日(土)、松下正幸副会長・国際委員会委員長を団長とする21名の経済調査団をインドとスリランカに派遣し、両国の政府首脳および経済団体幹部らと意見交換を行った。
 インドのシタラマン商工大臣は、国をあげて投資環境の整備を進めている今こそインドへの投資のチャンスであると強調、スリランカのバディユディーン産業・商業大臣は、今年発足した政権が11月に新たな政策を発表する予定であると述べ、日本企業による投資への期待を示した。また、松下副会長からの環境分野におけるビジネス交流の提案を受け、両国からは課題である廃棄物処理などをテーマとした訪問団を関西に派遣したいとの声が聞かれた。そのほか、当会はセイロン商業会議所との間で協力合意書を締結した。
 今後、関経連アセアン経営研修や国際協力機構(JICA)の研修生受け入れなどを通じて、両国の人材育成に貢献するとともに、会員企業に対しても両国のビジネス機会に関する情報を提供し、ビジネス交流の促進に努めていく。

ページの先頭に戻る