トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 消費税率の予定通りの引き上げを求める緊急要望を発表

TOPICS

消費税率の予定通りの引き上げを求める緊急要望を発表

2016年5月27日 151023.jpg

 5月18日(水)、「消費税率の予定通りの引き上げを求める緊急要望」を取りまとめ、同日付けで政府・与党に建議した。
 消費増税をめぐっては現在、政府・与党内において、経済の先行き不透明感の高まりなどを背景に、2017年4月から予定されている消費税率の10%への引き上げを再延期するべきとの意見が出ている。
 このような状況をふまえて、消費税率引き上げのための環境整備や増税に伴う景気下振れリスクへの対処を行った上で、社会保障制度の持続可能性確保と2020年度の基礎的財政収支の黒字化という財政健全化目標達成の観点から、消費税率を予定どおり2017年4月から10%に引き上げるべきであると改めて要望した。

ページの先頭に戻る