トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2017 > 関西広域連合と関西経済界との意見交換会を開催

TOPICS

2017

2017.02.20

関西広域連合と関西経済界との意見交換会を開催

151023.jpg

 1月26日(木)、関経連をはじめとする関西の11経済団体は、関西広域連合と意見交換を行った。当会からは、森詳介会長、角和夫副会長および佐藤廣士副会長が出席し、関西広域連合からは、井戸敏三広域連合長をはじめとする12名の知事・市長等が出席した。
 意見交換では、2017年4月に設立される関西観光本部のもとでのインバウンド拡大、2019年から2021年にかけてのゴールデンスポーツイヤーズを契機としたスポーツ産業振興策等の検討、万博やIRの誘致推進、および女性の活躍推進等、関西のさまざまな広域的課題に対して官民が一体となって取り組む方向性を確認した。