トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 大阪労使会議を開催

TOPICS

2018

2018.02.26

大阪労使会議を開催

180220.jpg

 2月20日(火)、連合大阪との協議の場である大阪労使会議を開催し、当会の松本正義会長、牧野明次副会長、連合大阪の山﨑弦一会長ら両団体計28名が出席した。
 会議の冒頭、山﨑会長から松本会長に「2018春季生活闘争についての要請」および「長時間労働の是正」「無期転換ルール」に関する特別要請が手交された。これに対し松本会長は、春季労使交渉について「収益が高水準で推移している企業における処遇改善は重要だ」とした上で、「個別企業の労働条件は個別労使で協議・決定される事項であり、置かれた状況の中での前向きな協議を期待している」と回答した。また、長時間労働是正などの働き方改革に労使が協調して対応するとともに、来年度の共同事業として、女性の活躍推進に取り組むことで合意した。