トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 黒田日本銀行総裁との懇談会を開催

TOPICS

2018

2018.10.02

黒田日本銀行総裁との懇談会を開催

180925topics

 9月25日(火)、大商、関西経済同友会、大阪銀行協会とともに、黒田東彦 日本銀行総裁との懇談会を開催した。
 松本正義 関経連会長は、米中貿易摩擦によって経済に変調をきたすことへの懸念を表明した上で、わが国が国際社会でリーダーシップを発揮できるよう、政府との緊密な連携を日銀に求めた。
 また、佐藤廣士 関経連副会長は、今年7月に取りまとめた「関西スポーツ振興ビジョン」をふまえ、成長産業として伸びしろのあるスポーツ分野への投資拡大に向け、政府の成長戦略と一体となった金融政策の適切な運営を要望した。
 黒田総裁は、「世界の保護主義的な動きが金融市場の不安定化につながらないよう、各国間で議論を続けることが不可欠」と述べたほか、2%の物価安定目標の達成に向けた日銀の姿勢に変わりがない点を強調した。