トップページ > 関経連からの発信> TOPICS > 2018 > 関西健康・医療創生会議シンポジウムを開催

TOPICS

2018

2018.11.02

関西健康・医療創生会議シンポジウムを開催

181030topics

 10月30日(火)、関西健康・医療創生会議は、「健康長寿のためのライフコースデータの重要性」をテーマとするシンポジウムを神戸市内で開催、約250名が参加した。
 開会挨拶では、創生会議の井村裕夫議長より、創生会議の活動目的や本シンポジウムの狙いが、また、関西広域連合の井戸敏三連合長より、創生会議を通じた関西広域における健康・医療分野での連携の重要性がそれぞれ述べられた。
 基調講演では、スタンフォード大学医学部の西野精治教授より、睡眠の重要さや睡眠が健康に及ぼす影響などについての発表があった。そのほか一般講演では、神戸市による健康寿命の延伸に向けた取り組みなど、自治体や企業が行う健康・医療分野の事業が紹介された。