トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 東北地方太平洋沖地震に関する下妻会長メッセージ(3月22日付)

会長コメント 2011

東北地方太平洋沖地震に関する下妻会長メッセージ(3月22日付)

2011/03/22

社団法人 関西経済連合会
会長 下 妻  博


東北地方太平洋沖地震発生から10日が過ぎました。被災地では、なお多くの行方不明者がおられ、救援物資が十分に行き渡っていない地域も多くあります。
被災された皆様に対して改めて心からお見舞い申し上げるとともに、引き続き関西としてできる支援を全力で行ってまいります。
日々伝えられる東北関東地域の被害は甚大です。今回直接被災された地域のみならず、東日本全域で今後長期にわたって経済活動に支障が生じる可能性があります。また、その影響は日本にとどまらず、アジア諸国はじめ各国にも広がりかねません。
このようなわが国の危機に直面している時だからこそ、私たち関西が日本を支えるとの気概を持って積極果敢に行動していくことが必要です。
会員の皆様には、この危機を克服すべく、過度に萎縮することなく、これまで以上に経済活動に力を入れ、東日本を支援し、日本を支えていくよう心からお願いいたします。

ページの先頭に戻る