トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 2012年度政府予算案に関するコメント

会長コメント 2011

2012年度政府予算案に関するコメント

2011/12/24

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


厳しい財政状況の改善と経済成長の両立が求められる中での難しい予算案とりまとめであったと推察するが、実質的には総額96兆円強に上る過去最大規模の予算となった。

東日本大震災や歴史的な円高などによってわが国企業と経済全体の国際競争力が急激に減退している今、政府には、先行き財政の持続可能性に問題が生じないよう、中長期的な成長と財政健全化に向けた社会保障と税の抜本改革を速やかに実行に移されるよう望む。

その一方で、政府には、まずは東日本大震災の復興予算を早期に成立させ、復興に全力を注いでいただきたい。経済界としても、復興支援に最大限取組んでいきたい。

関西国際空港については、政府補給金が要求額から減額とはなったが、コンセッション実現までの継続措置が確認されたことを評価したい。今後、関空・伊丹の統合効果が最大限に発揮され、経営の安定化につながるよう、経済界としても国・地元自治体・新会社と一致協力した取り組みを進めてまいりたい。

ページの先頭に戻る