トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 革新的エネルギー・環境戦略に関するコメント

会長コメント 2012

革新的エネルギー・環境戦略に関するコメント

2012/09/14

公益社団法人関西経済連合会
会 長  森  詳 介

 本日、エネルギー・環境会議が開催され、2030年代の原子力発電稼働ゼロを目指すという革新的エネルギー・環境戦略が決定されたが、当会の主張が全く受け入れられなかったものであり、大変遺憾である。

 中長期のエネルギー政策は、国の将来を左右する最重要政策であり、わが国の国情や科学的な知見に基づいたものでなければならない。
 原子力に代わる代替エネルギーの確保について、未だ具体的、現実的な道筋が見えないにもかかわらず、2030年代の原子力発電稼働ゼロという方針を決定することは、国民の生活を守るべき政府の為すことではない。

 政府には、国民生活や雇用への影響を踏まえた、冷静かつ現実的な結論を導くために、再度、徹底した議論と検証を行うことを強く求める。

ページの先頭に戻る