トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 民主党代表選に関するコメント

会長コメント 2012

民主党代表選に関するコメント

2012/09/21
公益社団法人関西経済連合会
会 長  森  詳 介



 民主党代表に野田総理が再選されたことは、社会保障・税一体改革関連法を成立に導くなど、舵取りが難しい政権運営を着実に行ってきた実績が評価されたものと考えている。

 一方で、新たなエネルギー政策や社会保障費の抑制、TPP交渉への参加など、国民生活や日本経済の将来を左右する課題が山積している。

 野田総理におかれては、停滞する政治に終止符を打つ覚悟を持って、党利党略を捨てることはもちろんのこと、国家・国民のためという広い視野で、政党間の垣根を越えた議論を行い、これら山積する課題を速やかに解決に導いていただきたい。

以  上
ページの先頭に戻る