トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 第3次安倍改造内閣発足に関するコメント

会長コメント 2015

第3次安倍改造内閣発足に関するコメント

2015/10/07
公益社団法人関西経済連合会
会長  森  詳 介


 安倍内閣はこれまで、国家戦略特区の導入や川内原子力発電所の再稼働、TPPの大筋合意等、着実に日本経済再生に向けた歩みを進めてこられた。
 新内閣に、これまで中心的な役割を担われた大臣の多くが留任されたのは、引き続きアベノミクスを果断に推進するという安倍総理のメッセージであると、心強く感じている。

 先日、アベノミクスが第2ステージに入るとして、新しく示された3本の矢は、わが国が直面している課題に照らして的確と考えている。新内閣には具体的な政策の立案と実行を通じて、わが国の経済基盤をさらに強固なものにしていただきたい。

 関経連としても、関西の強みである健康・医療産業やインバウンド促進などの様々な活動を通じて、関西から日本経済の再生にしっかりと貢献してまいる所存である。


以  上
ページの先頭に戻る