トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 11カ国によるTPP協定の大筋合意に関するコメント

会長コメント 2017

11カ国によるTPP協定の大筋合意に関するコメント

2017/11/10
公益社団法人関西経済連合会
会長  松 本 正 義


 本日、11カ国がTPP(環太平洋経済連携)協定の大筋について合意したことを大いに歓迎する。
 米国が離脱するなど、困難な交渉が続く中、合意形成に向けて粘り強く尽力された政府関係者のみなさまに、心から敬意を表する。

 TPP協定は、貿易・投資の拡大やアジア・太平洋地域の安定という点で、わが国にとって非常に重要な意味を持ち、今後の経済連携交渉のモデルとすべきと考える。

 政府には、発効に向けて、国内の諸準備を速やかに進めていただきたい。
 さらに今後、関係諸国と連携しながら、米国をはじめ、今回の11カ国以外の国・地域が本協定に参加しやすい環境整備に努め、自由貿易の推進に向けて、引き続き、強いリーダーシップを発揮されることを期待する。



以  上
ページの先頭に戻る