TOPICS

関西文化学術研究都市建設推進協議会による要望活動を実施

2017年8月 9日 170727.jpg

 7月27 日(木)、関西文化学術研究都市建設推進協議会の松本正義会長(関経連会長)、関西文化学術研究都市推進機構の柏原康夫理事長(関経連副会長)らは、高市早苗 総務大臣、鶴保庸介 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)らに対し、関西文化学術研究都市(以下、けいはんな)の建設促進に向けての要望を行った。
 主な要望として、昨年度策定した「新たな都市創造プラン」に対する推進支援、オープンイノベーションによる新産業創出をめざして設立した「RDMM支援センター」の取り組みへの支援、今年度設立される理化学研究所や既設の立地機関との共同研究支援、学研都市連絡道路(国道163 号線)をはじめとする都市基盤整備の促進などを求めた。
 要望先からは、世界最高レベルの技術の高度化に対する期待が述べられるとともに、けいはんなの建設推進に向けて支援、協力していくとコメントがあった。