TOPICS

第9回水と光のまちづくり推進会議を開催

2018年1月23日 171226.jpg

 大阪府・市や経済界で構成される「水と光のまちづくり推進会議」では、世界の都市間競争に打ち勝つ「水と光の首都大阪」の実現に向けて、さまざまな取り組みを推進している。
 12月26日(火)に開催された第9回会議では、大阪府市と経済3団体のトップが出席。「水都大阪」等の2017年度の取り組みを報告した後、今後の取り組みについて意見交換を行った。
 松本正義 関経連会長からは、2025年万博の誘致に向け、水と光の集客イベントを通じた機運醸成への協力等を呼びかけた。
 また、会議に先立ち、「大阪観光局(DMO)の推進に関するトップ会議」が開催され、万博や統合型リゾート(IR)の誘致、G20サミット首脳会議をはじめとするMICE誘致の取り組みについて議論された。