トップページ > TOPICS一覧 > 2015 > 西日本経済協議会が要望活動を実施

TOPICS

西日本経済協議会が要望活動を実施

2015年11月 5日 151023.jpg

 10月23日(金)、北陸、中部以西の6経済連合会で構成する西日本経済協議会は、菅義偉内閣官房長官、林幹雄経済産業大臣ほか関係閣僚および自由民主党の谷垣禎一幹事長、稲田朋美政務調査会長に対し、要望活動を実施。当会の森詳介会長、麻生泰九州経済連合会会長をはじめ各経済連合会の会長らが参加した。
 要望では、10月2日(金)開催の第57回総会において決議された「日本再興に貢献する活力ある地域をめざして-行動する西日本からの提言-」に基づき、「活力ある地域を創生する取組み」や「地域の取組みを支える地域基盤の整備」に関して、国の施策に反映されるよう求めた。
 各大臣からは、西日本経済協議会の日本再興に向けた自立的な取り組みに対して評価いただいた。また林経済産業大臣からは、産業の基盤となる電力に関して、「原子力発電所の再稼働に向けて、世論からさらなる理解が得られるよう、根気強くきめ細やかな対話が必要である」とのコメントがあった。

ページの先頭に戻る