トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 「関西元気文化圏賞贈呈式」開催

TOPICS

「関西元気文化圏賞贈呈式」開催

2016年2月12日 151023.jpg

 1月21日(木)、関西元気文化圏推進協議会(会長:森詳介関西地域振興財団会長)は、「文化庁芸術祭賞(関西参加公演の部)」と合同で「関西元気文化圏賞贈呈式」を開催した。
 13回目となる今回は、昨年3月に5年半にわたる「平成の大修理」を完遂した「姫路城(姫路市)」に大賞が贈られた。約400年前の築城当時の姿を現代によみがえらせ、関西の魅力を国内外へアピールするのに貢献したことが評価された。
 特別賞には、高野山開創1200年記念大法会などで注目を集めた「高野山真言宗 総本山金剛峯寺」と「琳派400年記念祭」をオール京都で推進した「琳派400年記念祭委員会」が選ばれた。新人賞にあたるニューパワー賞には、小説「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹氏のほか、徳島県出身の猪子寿之氏が代表を務めるクリエイティブ集団「チームラボ」、平井鳥取県知事のユーモアをきっかけに開業した「すなば珈琲」、文楽人形遣いの吉田玉男氏が選ばれた。

ページの先頭に戻る