トップページ > TOPICS一覧 > 2017 > 経団連・関経連共催「働き方改革セミナー」を開催

TOPICS

経団連・関経連共催「働き方改革セミナー」を開催

2017年12月27日 171205.jpg

 12月5日(火)、経団連とともに、「働き方改革セミナー ~働き方先進地域KANSAIを目指して~」を大阪市内にて開催し、230名が参加した。
 冒頭、経団連の鵜浦博夫副会長・労働法規委員長および当会の井狩雅文労働政策委員長より挨拶と各団体における取り組みの紹介をそれぞれ行った後、岩本隆 慶応義塾大学大学院経営管理研究科特任教授より人事・人材マネジメント分野におけるデータを活用した論理的な経営の必要性について講演が行われた。
 続いて、寺井基博 同志社大学社会学部准教授をファシリテーターに、「事例にみる働き方改革推進のポイント」と題して、有期雇用労働者等の処遇改善や長時間労働の是正について事例紹介と意見交換を行った。寺井准教授からは「働き方改革の推進には、個々の企業だけでなく、業界全体や行政も巻き込んで社会全体で取り組む必要があり、経済団体の役割は大きい」との発言があった。

ページの先頭に戻る