トップページ > 経済人 > 関経連NOW > 関経連NOW 2018年

関経連NOW 2018年

関経連の「今」を伝える特集。当会の活動に関連するテーマについて、その背景の解説や、経済人・有識者等のインタビュー、関連情報などをお届けします。


2018年

2018年8月号
ミッシングリンクの解消に向けて
~進む関西の高速道路ネットワーク整備~
(1.1MB)
新名神高速道路高槻ジャンクション・インターチェンジ(JCT・IC)~神戸ジャンクション( JCT)の開通や大和北道路の新規事業化などネットワークの整備に進展がみられる一方、いまだミッシングリンク(未整備区間)が残る関西の高速道路。
これまでの関経連の取り組みやその成果とともに、新名神高速道路や事業化された道路の概要・整備効果および残るミッシングリンク解消に向けての今後の見通しなどについて紹介する。

2018年7月号
将来の関西を支える産業クラスター群の形成を
~AI・IoT分野に関する取り組みを中心に~
(730KB)
関経連の第3期中期計画(2018~20年度)において、中期目標の一つとして掲げた"将来の関西を支える産業クラスター群を形成する"──。当会では、関西に強みがあり成長が見込まれる4分野での産業クラスター形成などに取り組み、その達成に挑む。
成長分野の一つとして注目しているのが、多様な分野で先端技術の活用が進むAI・IoT。本特集では、当会のAI・IoT分野に関する最近の取り組みのほか、産業イノベーション振興に向けた考え方などを紹介する。

2018年6月号
新たな夢と希望にあふれた活力ある関西の創造を(582KB)
関経連は、2018年5月28日に第56回定時総会を開催。
役員の選任のほか2018年度の事業計画や予算の報告などを行い、新たに小林哲也 近鉄グループホールディングス会長、村尾和俊 西日本電信電話社長の2名が副会長に選任された。
ここでは、松本会長へのインタビューとともに、今年度の事業計画を紹介する。

2018年5月号
関経連米国使節団(741KB)
3月11日~17日、関経連は松本正義会長を団長とする約40名からなる使節団を米国に派遣した。日程の前半は、中西部の現状やスマートモビリティへの取り組みを視察する「中西部産業視察班」と、スポーツ関連産業やアスリート育成の現状等を調査する「スポーツ振興視察班」に分かれ、それぞれオハイオ州とオレゴン州を訪問。
後半はワシントンD.C.にて合流し、トランプ政権の経済・通商に関する戦略や方向性について意見交換を行うとともに米国に進出している日系企業への影響などを調査した。

2018年4月号
第56回関西財界セミナー(1.5MB)
関西の冬の風物詩、関西財界セミナー(関西経済連合会・関西経済同友会共催)。
本年も国立京都国際会館にて2月8日~9日の2日間にわたり開催した。第56回となる今回のメインテーマは、「いざ、舞台を関西へ~関西からはじまる未来社会のデザイン~」。
万博・スポーツ、持続可能な開発目標(SDGs)とSociety5.0、イノベーション、ルック・ウエスト等をキーワードに、分科会討議などが行われた。

2018年3月号
第3期中期計画
~Look Westで強い関西の復権を~
(1.1MB)
2018年4月、関経連の新たな中期計画(2018~20年度)が始動する。昨年5月に就任した松本会長のもと初めて策定された本計画は、08年に発表した「関西ビジョン2020」実現への第3期、すなわち総仕上げに向けた今後の方向性を示すものである。本特集では、計画に込めた想いと基本的な考え方、取り組みの柱や事業の概要について紹介する。

2018年2月号
正念場を迎える2025年万博誘致(1.4MB)
2017年9月、日本政府は博覧会国際事務局(BIE)に対し、ビッド・ドシエ(立候補申請文書)を提出。11月のBIE総会ではビッド・ドシエに基づいたプレゼンテーションを実施し、日本の万博が国際連合の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献することをアピールした。
正念場を迎える誘致活動。2025日本万国博覧会誘致委員会が中心となり、18年3月のBIE調査団の来日も視野に、全国的な機運醸成に取り組むとともに、BIE加盟国に日本支持を働きかける。

2018年1月号
エネルギー基本計画改定等に関する提言
~2030年度エネルギーミックスの実現に向けて~
(1.2MB)
2017年8月、政府は「エネルギー基本計画」の改定に関する検討を開始した。
今回の改定は、15年7月に策定した「長期エネルギー需給見通し」で定めた30年度のエネルギーミックスの実現に向け、課題を洗い出し、議論する方向で検討が進められている。
本特集では、基本計画の改定に際し、関経連が17年12月に取りまとめた意見書や、エネルギー・環境理解促進プログラム等、当会のエネルギー政策に関するこれまでの検討をふまえた活動について紹介する。

ページの先頭に戻る