経済人

関経連NOW

関経連NOW 2020年度

関経連の「今」を伝える特集。当会の活動に関連するテーマについて、その背景の解説や、経済人・有識者等のインタビュー、関連情報などをお届けします。


2020年9月号
「起業街道・関西」プロジェクト始動(0.4MB)
2020年7月、大阪・京都・神戸の3都市が政府のスタートアップ・エコシステム拠点形成に向けた、 「グローバル拠点都市」に選定された。
 関経連では、選定を契機に関西でのベンチャー・エコシステム形成への動きを加速させるべく、国内外からベンチャー企業が集う「創業環境が優れた関西」の実現をめざし 「起業街道・関西」プロジェクトを開始した。
 今号では、同プロジェクトおよび拠点都市制度の概要などについて紹介する。

2020年8月号
関経連の政策提言活動
~近年の意見書 ・提言から~
(0.7MB)
関経連は、その創立趣旨の中で「重要財政経済問題に対し周到適切なる科学的検討を加へ、産業人の自由なる 創意と活潑なる活動を促進する綜合研究機関」とうたっており、2007年10月に再定義した使命のなかにも 「会員の声をふまえた関西らしい思い切った政策提言」を掲げている。第3期中期計画でも「ビジネス基盤」 整備に資する事業として取り組みを進めている。
現場から生まれる会員の声と、時代を先取りする視点をふまえた調査研究により、課題提起を意識して行ってきた関経連独自の政策提言活動について、この3年間を中心に振り返る。

2020年6・7月号
コロナ禍に直面して―― 関経連はどう動いたか(0.4MB)
今年に入り世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、わが国では、4月7日に新型インフルエンザ等対策 特別措置法に基づく緊急事態宣言が7都府県に発令され、同月16日にはそれが全都道府県に拡大された。緊急 事態宣言は5月25日に解除されたものの、国民の生活、日本経済・世界経済への甚大な影響は続いている。 このようななか、経済界には、感染症拡大防止への対応はもちろんのこと、社員の安全確保や雇用の維持、そし て収束後の迅速な経済回復に向け、持てるリソースを活用したさまざまな形での貢献・協力が求められている。

2020年5月号
「生き活き関西ビジョン」実現へ~進む取り組み(1.0MB)
世界でもトップクラスの超高齢社会、日本――。
社会保障の増大、少子高齢化、高齢者ケアの問題をはじめ、さまざまな課題に直面している。
この現状を受け、関西では健康・医療産業の発展と健康社会の実現を目的とした活動に力を入れている。
今号では、こうした動きの一環として関経連が策定した「生き活き関西~"健康・医療"先進地域ビジョン~」の
実現に向けた取り組みや、当会も参画している「関西健康・医療創生会議」の活動などを中心に紹介する。

2020年4月号
第58回関西財界セミナー(1.2MB)
2020年2月6日〜7日の2日間、関西経済連合会は関西経済同友会と共催で「第58回関西財界セミナー」を国立京都国際会館にて開催した。
今年のメインテーマは、「好機のいま、はばたく関西〜起爆剤を発展につなげる〜」。
参加者数は734名にのぼり、過去最多記録を3年連続で更新した。
初雪が降りしきる京都にて、国際情勢、Well-Being社会、企業経営、ベンチャー・エコシステム、
スポーツ振興、社会課題等をテーマに、熱い議論が交わされた。