トップページ > 経済人 > 関経連NOW

関経連NOW

関経連の「今」を伝える特集。当会の活動に関連するテーマについて、その背景の解説や、経済人・有識者等のインタビュー、関連情報などをお届けします。


2018年

2018年2月号
正念場を迎える2025年万博誘致(1.4MB)
2017年9月、日本政府は博覧会国際事務局(BIE)に対し、ビッド・ドシエ(立候補申請文書)を提出。11月のBIE総会ではビッド・ドシエに基づいたプレゼンテーションを実施し、日本の万博が国際連合の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献することをアピールした。
正念場を迎える誘致活動。2025日本万国博覧会誘致委員会が中心となり、18年3月のBIE調査団の来日も視野に、全国的な機運醸成に取り組むとともに、BIE加盟国に日本支持を働きかける。

2018年1月号
エネルギー基本計画改定等に関する提言
~2030年度エネルギーミックスの実現に向けて~
(1.2MB)
2017年8月、政府は「エネルギー基本計画」の改定に関する検討を開始した。
今回の改定は、15年7月に策定した「長期エネルギー需給見通し」で定めた30年度のエネルギーミックスの実現に向け、課題を洗い出し、議論する方向で検討が進められている。
本特集では、基本計画の改定に際し、関経連が17年12月に取りまとめた意見書や、エネルギー・環境理解促進プログラム等、当会のエネルギー政策に関するこれまでの検討をふまえた活動について紹介する。

ページの先頭に戻る