トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 京都大学・山中教授ノーベル生理学・医学賞受賞に関するコメント

会長コメント 2012

京都大学・山中教授ノーベル生理学・医学賞受賞に関するコメント

2012/10/09
公益社団法人関西経済連合会
会 長  森  詳 介



 山中教授のノーベル生理学・医学賞受賞を心からお祝い申し上げる。

 山中教授は、奈良先端科学技術大学院大学在籍時にiPS細胞の研究を開始され、京都大学でそれを結実された。関西から再生医療の新たな道を切り開かれたことについて、大変うれしく思っている。

 現在、当会が推進している、関西イノベーション国際戦略総合特区では、iPS細胞を用いた網膜再生の実用化などを目指している。今回の山中教授の受賞により、こうした取り組みに一層の弾みがつくものと期待している。

以  上
ページの先頭に戻る