TOPICS

2006

尾身財務大臣との意見交換会を開催

2006年11月 8日

11月6日(月)、尾身財務大臣との意見交換会をリーガロイヤルホテルにて開催しました。経済界からは、関経連秋山会長・井上副会長、大商野村会頭・西村副会頭、同友会小嶋・森下両代表幹事、関経協山本副会長らが出席し、関西経済の現状や新政権への要望について活発な意見交換を行いました。関経連秋山会長は、関西経済の現状を「全国を上回る回復を続けている」とし、尾身大臣に対して、地域の競争力向上のための予算の重点配分、企業活力を引き出す税制改革、アジア経済との連動などを要望しました。

10月29日関経連ロボットフェスタを開催

2006年10月30日

創立60周年を記念し、ロボットに触れ、理解を深めるためのイベント「関経連ロボットフェスタ」を10月29日(日)に大丸梅田店15階多目的ホールにて開催し、約2,000名が来場しました。 同フェスタでは、関西が誇るロボットの展示とデモンストレーション、次世代ロボットショー、格闘競技大会参戦ロボット8体によるエキシビションマッチ、ロボットの操縦体験などを行いました。 また、フェスタに先立ち、次世代を担う子どもたち(小学校4~6年生)を対象にロボットの組み立てやプログラミングなどを学習する「関経連ロボットスクール」を8月、9月に開講しました。スクール生は、フェスタ当日、「トコトコ相撲」や「トコトコ100cm スプリント」の競技を行い、日ごろの練習の成果を披露しました。

関経連創立60周年記念式典を開催

2006年10月 3日

 式典では、秋山喜久会長の開会挨拶に引き続き、安倍晋三・内閣総理大臣からのメッセージ、甘利明・経済産業大臣(松山政司・経済産業政務官が代読)、スポット・関西領事団長からの来賓祝辞、シラク仏大統領からのメッセージを披露しました。また、功労者として、松下正治・松下電器産業名誉会長、山岡淳男・ヤンマー会長、夏川鐵之助・オーミケンシ相談役、吉村清三・関西電力顧問に感謝状を贈呈したほか、記念特別事業ロボットチャレンジプログラムの映像を披露しました。
 記念パーティでは、「宝塚歌劇団コーラス」に引き続き、井戸敏三・近畿ブロック知事会会長、新木富士雄・北陸経済連合会会長、太田房江大阪府知事、關淳一・大阪市長らご来賓から祝辞を頂き、竹本 住大夫 人間国宝・人形浄瑠璃文楽座 七世のご発声により乾杯が行われました。また、丹羽自由民主党総務会長からも祝辞を頂きました。

関経連ロボットフェスタのご案内

2006年10月 2日

ロボットに会いに行こう!「関経連ロボットフェスタ」(創立60周年記念特別事業)

<日時>10月29日(日)10:00~17:00
<場所>大丸梅田店15階多目的ホール
関西発のロボットたちを中心に100体が大集合。いろんなロボットを見て触って、楽しみながら科学技術への関心を高め、ロボットと共生する社会を体感してもらうことで、ロボットの普及、マーケットの創出をめざします。

■内容(予定):
○次世代ロボットショー/操縦体験コーナー
○格闘競技大会参戦ロボットによるエキシビションマッチ
○関経連ロボットスクール参加者によるトコトコ相撲競技

関経連ロボットスクール2を開催

2006年9月13日

関経連創立60周年記念特別事業「ロボットチャレンジプログラム」の第2弾として、9月9日および10日にロボットスクール2"動かしてみよう"を開催しました。 参加者(小学校4~6年生)は、8月19日のロボットスクール①で組立てた「Robovie-i」を持参し、付属のソフト「ロボビーメーカー」を使って、ロボットのモーション作成のプログラミングを体験しました。 また、「Robovie-i」を力士に見たてて対戦させる「トコトコ相撲」を行いました。子供達は熱心に対戦に取り組みながら、動きを工夫するなど、ロボットの操作を楽しく学びました。 なお、参加者は、10月15日のプレコンテストを経て、10月29日のロボットフェスタでは、「トコトコ相撲」のトーナメントによる対戦を行う予定です。

学研奈良登美ヶ丘駅で案内ロボの実証実験

2006年8月29日

8月28日(月)、近鉄けいはんな線 学研奈良登美ヶ丘駅において、コミュニケーションロボット(Robovie-Ⅱ)による案内ロボの実証実験が始まりました。この実験はRobovie-Ⅱを開発した国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と、近畿日本鉄道、関経連の3者の協力により、9月12日まで実施されます。ロボットは、駅を訪れた人々に駅構内の情報や近隣の施設情報などを案内し、駅の利用を便利にサポートします。いろいろな人が利用する駅でロボットを使った案内サービスの実験を行い、利用者の反応などを調べることで、ロボットの有効な利用方法についての研究を進め、将来的には人に役立つロボット・サービスの実現につなげたいと考えています。9月上旬からは、同駅にて不審行動や異常事態を検出する「見守りロボ」の実験を行う予定です。

関経連ロボットスクールを開催

2006年8月21日

関経連創立60周年記念特別事業「ロボットチャレンジプログラム」の第1弾として、8月19日にけいはんな学研都市にある私のしごと館においてロボットス
クール(1)を開催しました。当スクールは、関西次世代ロボット推進会議の重点分野の1つである「教育」に取り組み、ロボットの学習・製作の場を提供すること
で、科学技術やものづくりへの関心を高めることが狙いです。当日は小学校4~6年生の親子59組が参加し、(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が
開発したロボット「Robovie-i」を教材に、ロボット製作やプログラミングの基礎を楽しく学びました。参加者は10月29日に大丸梅田店で開催され
るロボットフェスタでコンテストに挑戦する予定です。ロボットフェスタではコンテストの他に、様々な分野のロボットを集めた「次世代ロボットショー」など
を開催し、ロボットと触れ合う機会を提供することにより、ロボットの普及を受け入れる社会の醸成を図ります。

ロボット、1年間の活動成果を報告

2006年8月 8日

関係府省、地元関係団体で構成される「大阪圏生活支援ロボット産業拠点の形成に係る推進協議会」(座長:井上究都市再生本部事務局次長)は、8月3日(木)、大阪で第3回会合を開催しました。「関西次世代ロボット推進会議」からは、昨年策定した実施計画書に基づく1年間の活動成果をまとめた2005年度PDCA報告書を報告しました。 本報告書は、関西次世代ロボット推進会議ホームページ(http://www.kansai-robot.net/)で公開しています。

ジャワ島中部地震義援金を贈呈

2006年7月13日

今般、関経連と大商は、2006年5月27日ジャワ島中部において発生したマグニチュード6.3の地震により被災した方々への復興支援のために、義援金募金を実施致しました。その結果、163社から4,505万5千円をお寄せいただきました。皆さまのご協力に厚く感謝申し上げます。なお、頂戴した義援金は、7月12日に日本赤十字社大阪府支部に贈呈致しました。

ロボットスクール&フェスタ参加者募集中

2006年7月11日

募集は終了しました。

1 2

ページの先頭に戻る