TOPICS

2018

2018.10.16

フランス・パリにて万博誘致フォーラムに出席

181009topics

 10月9日(火)、当会の松本正義会長は、吉村洋文 大阪市長や尾崎裕 大商会頭らとともに、2025年万博の大阪・関西誘致に向けてパリで開催された「万博誘致フォーラム」に出席した。
 フォーラムでは博覧会国際事務局(BIE)の加盟各国に対し、日本万博が世界にとってメリットのあるものであることや、開催地としての大阪・関西の適性についてあらためてPRを行った。松本会長はフォーラムの終了後、「最後まで油断しないことが大切だ。残り1カ月、全力を尽くす」とコメントした。(イベントの詳細についてはこちら【経済産業省HP】。)




2018.10.15

モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」を開講

181003topics

 10月3日(水)、大阪ベイエリア金属系新素材コンソーシアム等とともに、モノづくり人材の育成・再教育に資する実践的プログラム「金属・材料工学」を開講した。7回目となる今年は、内容の充実をはかるべく、材料開発にビッグデータ解析やAI技術などを活用する「マテリアルズ・インフォマティクス」の講義や、大阪大学の先端技術施設の見学会を新たに実施する予定である。
 当会の牧村実科学技術・イノベーション委員長は開講式で、「金属・材料工学」における製造技術などのノウハウは、他の材料分野にも還元でき、現在の社会基盤を支えているものであるとして、「これを習得した人材を育成・確保することが産業競争力の強化につながると確信している。産学官の垣根を越えて親交を深め、関西の発展に寄与してほしい」と期待を述べた。




2018.10.05

「今後の税制改革に向けた提言」を発表

180928topics

 9月28日(金)、「今後の税制改革に向けた提言 ~財政健全化と経済成長の両立のために~」を取りまとめ、公表した。
 今回の提言では、財政健全化と経済成長を両立させるといった税財政に関する当会の基本的な考え方を示した上で、今後の税制改革に向け、来年度改正を見据えた項目と中長期的に検討が必要な項目を整理し、要望項目をまとめた。主な要望として、来年10月の消費税率10%への確実な引き上げ、研究開発税制の拡充などイノベーションの創出につながる税制の整備、防災・減災対策など国土強靭化につながる税制の創設を求めている。また、リカレント教育など企業の人材育成につながる税制の整備や、意志ある個人の資産を社会還元するための寄附税制の拡充なども新たに盛り込んだ。
今後、政府・与党などに対し、要望活動を実施していく。




2018.10.02

黒田日本銀行総裁との懇談会を開催

180925topics

 9月25日(火)、大商、関西経済同友会、大阪銀行協会とともに、黒田東彦 日本銀行総裁との懇談会を開催した。
 松本正義 関経連会長は、米中貿易摩擦によって経済に変調をきたすことへの懸念を表明した上で、わが国が国際社会でリーダーシップを発揮できるよう、政府との緊密な連携を日銀に求めた。
 また、佐藤廣士 関経連副会長は、今年7月に取りまとめた「関西スポーツ振興ビジョン」をふまえ、成長産業として伸びしろのあるスポーツ分野への投資拡大に向け、政府の成長戦略と一体となった金融政策の適切な運営を要望した。
 黒田総裁は、「世界の保護主義的な動きが金融市場の不安定化につながらないよう、各国間で議論を続けることが不可欠」と述べたほか、2%の物価安定目標の達成に向けた日銀の姿勢に変わりがない点を強調した。




2018.09.21

観光戦略実行推進会議に出席

IMG_2845 (003).jpg

 9月21日(金)、関西観光本部の松本正義理事長(関経連会長)は、首相官邸で開催された観光戦略実行推進会議に出席し、台風21号による関西におけるインバウンドへの影響と今後の取り組みについて説明した。松本理事長は、関西国際空港の機能が回復していることや、観光地が被害を受けていないことなどを、関係者が一体となり強力にPRすることで、インバウンド回復に努めていくと決意を述べた。また、関西国際空港の被災から復旧までの過程を紹介するPR動画の制作・公開をはじめとする各種取り組みを報告した。





関空復旧までのPR動画
「『関空、驚異の復旧』の全貌/Welcome! KANSAI,Japan.」
 URL http://welcomekansai.net/
<企画制作> 関西観光本部




2018.09.14

アジアパシフィックマスターズゲームズ2018ペナン大会を視察

180909.jpg

 9月8日(土)~9日(日)、松本正義 関経連会長と井戸敏三 関西広域連合長は、2021年に関西広域で開催されるワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西大会の組織委員会会長として、マレーシア・ペナン島で開催された第1回アジアパシフィックマスターズゲームズ(APMG)2018ペナン大会を視察した。
 両会長は、開会式に出席するとともに、開会式会場に設けられた特設ブースにおいて、今大会の参加者らに対してWMG2021関西大会への参加を呼びかけた。また競技視察として、水泳をはじめ、卓球、テコンドー、陸上、バドミントンの各会場を訪れた。
 今回の視察は、来る2021年のWMG関西大会に向けた開催準備を進めていく上で、有益なものとなった。


2018.09.13

企業経営に関する講演会を開催

P1130239.JPG

 関経連は、めざすべき企業経営について検討するべく、アジア太平洋研究所(APIR)に委託し、株主価値経営に走った投資家資本主義の問題等を調査し、企業統治の観点から報告書の取りまとめを行った。
 9月13日(木)には、本調査の研究メンバーであるAPIRの藤原幸則主席研究員、一橋大学大学院経営管理研究科の田中一弘教授、大阪市立大学大学院経営学研究科の吉村典久教授を講師に迎え、講演会を開催した。講師らは、報告書の解説を中心に、企業には長期的視点での経営や多様なステークホルダーへの配慮が求められるとの説明を行い、短期的利益志向を助長する四半期開示制度の廃止や、企業を粘り強く支える長期保有株主に対する優遇措置の必要性等を訴えた。


(報告書はこちら)




2018.09.07

関西国際空港全体構想促進協議会 要望活動を実施

180904.jpg

 9月4日(火)、関西国際空港全体構想促進協議会の松本正義会長(関経連会長)は、新井純 大阪府副知事、山谷佳之 関西エアポート社長らとともに、石井啓一 国土交通大臣、上川陽子 法務大臣、二階俊博 自民党幹事長、石田祝稔 公明党政務調査会長、太田充 財務省主計局長らを訪問し、要望活動を行った。
 要望活動では、関西国際空港の機能向上をはかるため、空港アクセスの利便性向上が期待されるなにわ筋線の新規事業採択や、空港分野における人材不足への対応、インバウンドの受入環境の整備・強化などを求めた。
 石井大臣からは、「なにわ筋線については来年度の概算要求の新規予算に盛り込んでいる。われわれも要望と同じ方向を向いて取り組んでいるので、引き続きしっかりやっていきたい」との発言があった。


2018.09.05

「国土強靭化税制」の整備・創設に関する要望活動を実施

180827.jpg

 8月27日(月)、関経連をはじめとする全国8つの経済連合会は、企業の防災・減災に資する設備投資を促進する優遇税制の創設を求める共同提言を取りまとめ、政府与党に建議した。
 同日開かれた、自民党の「『国土強靭化税制』の整備・創設を支援する議員懇話会」の第1回会合には、当会から真鍋精志副会長が出席。二階俊博 自民党幹事長、片山さつき 自民党政務調査会長代理らに対し、平成30年7月豪雨を受け、会員企業から防災対策に関する税制優遇を求める声が寄せられていることを伝え、税制の整備・創設を訴えた。
 その後実施した要望活動では、菅義偉 内閣官房長官から「要望をしっかりと受け止めた。自民党とも連携して取り組んでいく」との発言があった。


2018.09.03

ワールドマスターズゲームズ2021関西 決起大会を開催

180824.jpg

 8月24日(金)、3年後に開催を控えた「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の機運醸成をはかる決起大会が大阪市内で開かれた。
 決起大会では、WMG2021関西組織委員会と国際協力機構(JICA)関西による、ボランティアや国際協力分野等に関する連携協定の調印式が行われたほか、23名の大会アンバサダーが発表された。当日は、五輪で3大会連続金メダルを獲得した柔道家の野村忠宏氏をはじめとする4名のアンバサダーが登壇し、大会に向けたそれぞれの思いを語り会場を盛り上げた。また、組織委員会会長を務める井戸敏三 関西広域連合長と松本正義 関経連会長は、「オール関西、オールジャパンで大会の成功に向けて取り組んでいく」との意気込みを示した。


1 2 3 4 5 6