TOPICS

2009

けいはんな学研都市サード・ステージ推進会議を開催

2009年12月26日 IMG_1880%282%29.jpg
12月17日、けいはんなプラザにて題記会合が開催された。立地機関の代表者や学識経験者、地元自治体幹部、関経連からは小林学研都市担当委員長(近畿日本鉄道社長)が出席し、「サード・ステージ・プラン」(H18.3策定)の推進方策が討議された。(財)関西文化学術研究都市推進機構から活動の取り組みや今後の方針についての報告の後、委員からは、「けいはんなエコシティ」実現のための住民参加による環境面の取組み強化、学研都市内外の連携強化のためのさらなるインフラ整備等が指摘された。また、立地する大学の学生を通じたけいはんな学研都市のPR等の新たな提案がなされるなど活発な意見交換が行われた。今後はけいはんな学研都市の「見える化」を強化し、さらなる活性化を目指す。

環境経営と省エネに関するセミナーを開催

2009年12月24日 IMG_1880%282%29.jpg
12月18日(金)、地球環境関西フォーラムと連携し、約70名の参加を得て開催した。当日は中堅・中小企業向け「エコアクション21認証取得制度」や「国内クレジット制度」について、そのメリットの説明や企業による事例紹介が行われた。今後は本制度のさらなる普及活動を進めていく予定である。

前原国土交通大臣との懇談会を開催

2009年12月22日 top091217maeharadaijinkondankai.JPG
12月17日、帝国ホテル(東京)にて国土交通省と関西経済界との懇談会を開催した。前原大臣をはじめ、辻元副大臣、長安政務官、三日月政務官、藤本政務官が出席。関西経済界から、下妻関経連会長、森下副会長をはじめ、野村大商会頭、立石京商会頭、水越神商会頭、篠塚堺商会頭が出席した。前原大臣から、①財政上のマネジメントの重視、②経済成長のため、観光振興、空港・港湾の競争力強化、鉄道などの海外展開、住宅の質的向上の5分野に取り組んでいるとの発言があった。下妻会長から関西のポテンシャルと役目について説明したのち、関西3空港問題やミッシングリンク、観光振興などについて意見交換を行った。

第6回「関西3空港懇談会」を開催

2009年12月17日 top091214sankuukou.JPG
12月14日(月)、リーガロイヤルNCB2階「松の間」にて、前田航空局長、片平大阪航空局長、小石原京都府副知事、橋下大阪府知事、井戸兵庫県知事、仁坂和歌山県知事、平松大阪市長、矢田神戸市長、竹山堺市長、野村大商会頭、水越神商会頭、福島関空会社社長、下妻関経連会長が出席し開催。関空、伊丹、神戸の3空港の一元管理を目指すことで合意した。 今後は、平成23年度を目指した一元管理の具体化策、一元管理の先にある3空港の将来のあり方について幹事会で議論し、3月下旬をめどに第7回「関西3空港懇談会」を開催する予定である。

労働情報講演会を開催

2009年12月14日 IMG_1880%282%29.jpg
12月11日(金)、労働情報講演会を開催した。当日は、「改正労働基準法への実務的対応」と題して、弁護士の竹林竜太郎氏から講話があり、105名が参加した。 改正労働基準法は2010年4月1日に施行され、これまで発出された省令・告示を踏まえた実務的対応について解説があった。 なお、同テーマによる講演会は11月に引き続き2回目の開催にもかかわらず、前回同様100名を超える参加者があり各社の関心の高さが窺えた。

日中ビジネス・フォーラムin関西を開催

2009年12月10日 IMG_1880%282%29.jpg
12月1日(火)、関経連とJETRO等は日中双方の関心が高い「環境・省エネ」、「水ビジネス」をテーマに、「日中ビジネス・フォーラムin関西」(日中経済討論会後継事業)を開催した。 当日は中国企業や中国プレスも含めて約300名が来場。来日中国企業のうち19社と日本企業53社によるビジネスマッチングも80件近く実施した。 フォーラムでは日中双方の企業関係者等を登壇者に迎え、「日中環境ビジネスの戦略的互恵関係構築に向けて」、「関西の対中国水環境ビジネス創造戦略について」をテーマに議論。関経連からは「環境・エネルギー技術・製品事例集」やJICA等と組んで来年から始める環境・省エネビジネス人材育成・交流プログラムを紹介した。

2009年度 第2回 けいはんな特別フォーラムを開催

2009年12月 2日 IMG_1880%282%29.jpg
11月26日(木)、(財)関西文化学術都市推進機構と共催で「~『持続可能社会』を実現するための科学技術の新しい役割を求めて~」をテーマに、リーガロイヤルNCBで開催、179名が参加した。
関経連 小林哲也学研都市担当委員長の挨拶の後、(財)国際高等研究所 尾池和夫所長から「文化としての科学と技術」と題した基調講演があり、(財)地球環境産業技術研究機構(RITE)湯川英明理事、(独)日本原子力研究機関 関西光科学研究所 河西俊一所長、(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)萩田紀博知能ロボティクス所長、奈良先端科学技術大学院大学 新名惇彦副学長から、各機関が世界に誇る研究の紹介と、テーマに基づいたパネル討議を実施。先端技術の連携や今後の都市のあり方、地球環境問題の展望等について活発な意見交換が行われた。

ルース駐日米国大使との懇談会を開催

2009年11月30日 IMG_1880%282%29.jpg
11月16日(月)、ジョン・V・ルース駐日米国大使の関西訪問を機に、関経連との懇談会を開催した。

インドITクラブ/けいはんな学研都市セミナーを開催

2009年11月27日 IMG_1880%282%29.jpg
11月6日、けいはんな学研都市で、IT産業分野における日印間の戦略的連携強化のため題記セミナーを開催。「インドITクラブ」及び「組込みソフト産業推進会議」のそれぞれの取組みを紹介。在日インド企業からは、人材育成やオフショア開発、共同研究開発など国際的連携交流の方策が提案されるなど、活発な意見交換が行われた。今後、在日インド企業では、首都圏のみならず、数多くのものづくり産業が集積している関西圏に大きな注目を寄せており、新たな研究開発パートナーや取引先の新規開拓など、関西圏への進出意欲が高まりつつある。今後の関西圏でのビジネスチャンスの拡大が日印間の経済交流を更に牽引するものと期待されている。

関経連アセアン経営研修30周年記念シンポジウムを開催

2009年11月25日 IMG_1880%282%29.jpg
関経連は11月10日(火)、関経連アセアン経営研修30周年記念行事として「変化するアセアン経済と日本・アセアン間の関係強化に資する人材育成のあり方」をテーマに記念シンポジジウムをインドネシア・ジャカルタで開催、約150名が参加した。シンポジウムの最後に下妻会長よりジャカルタ宣言を発表。「水」「光」「エネルギー」など環境・省エネ分野の人材育成に取り組むことによって、アセアンの新たな発展・成長をサポートしていくことを表明した。

1 2 3 4

ページの先頭に戻る